クリニックに予約をして説明を受けます。自分の好みのデザインや出来上がりについて相談が出来ます。手術に関しては部分麻酔をして15分程で終わります。目を閉じてリラックスして受けることが出来ます。終わったら今後の説明と飲み薬を処方されて帰宅することが出来ます。サングラスを置いているところなどがあり、手術後の対応もきちんとしています。また、腫れなどの悩み相談など電話対応をしてくれるので安心して受けることが出来ます。

二重整形のメリットは?

アイプチやアイテープなど毎朝する手間もなくメイク時間の短縮化が図れます。また、彼氏にすっぴんを見せるのが抵抗がある方などはやって良かったと言っている方が多いです。ナチュラルなメイクにもチャレンジ出来たり、新しい自分になれたり、お洒落をしたり、様々な自分を見つけることも出来ます。自分のコンプレックスが一つでも減るのは大きなメリットだと思います。自信に繋がれば新しい自分にもなれるし、好きな人から告白されちゃったなんてロマンスもよく聞きます。

二重整形のデメリットは?

手術後から数週間は腫れているので目立ちます。メイクなどで隠せる人もいますがだいたいの人はバレてしまいます。また、自分の思い通りのデザインにならなかったり、腫れが引かないなどトラブルも少なくないです。取り返しがつかないのは大きなデメリットです。また、クリニックによっては腕の良いドクターとそうでないドクターがいますのでそれによっても変わってきます。顔の印象もがらっと変わるのでバレたくない方はデザインは慎重にした方が良いです。

二重整形について思う事を自由に書いてください

誰しも綺麗になりたい、可愛くいたい、あの芸能人のようになりたいなど理想はあります。そうなりたい、なれるようにするのは自分自身なので整形はいけないことではないと思います。デメリットはあるけどメリットもあり、チャレンジしてみるという行動自体素晴らしいと思います。ずっと悩んでいたコンプレックスが勇気を出して行った手術で変われるのなら素敵な事です。すっぴんで町を歩けた、すっぴんが可愛いと言われた、最近綺麗になったね、など周りからの意見も多くあり新しい自分になれると思います。

 

「埋没法」と「切開法」とは

二重整形は大きく分けると「埋没法」と「切開法」の二つの方法があります。
カウンセリング後、その人の合った施術を施します。
埋没法はまぶたを切らずに施術を行い、糸の力で二重まぶたを形成するので、切開法と比ねると痛みや腫れが少なく、施術当日の洗顔やシャワーも可能です。
また、まぶたの裏を縫い合わせるだけなので、二重の形を作り直すことも可能です。
切開法には部分切開法と全切開法がりますが、いづれも切開を伴うので埋没法よりもダウンタイムが長くなりますが、皮膚のたるみをスッキリさせたり、他の手術と組みあわせたりと出来ることが広がります。

 二重整形のメリットは?

プチ整形と言われているように、特に埋没法だと安価で施術の時間も短くダウンタイムも比較的短いため、他の整形手術より気軽に受けることができます。
一番のメリットはやはりこれまでの自分のコンプレックスを克服することができるということではないでしょうか。
コンプレックスを克服するすることで、スッピンに自信がもてる、人前に出てもはずかしくない、笑顔になれるようになったなど、外見だけではなく内面にも変化があり、自信が持てるようになる人が多いです。
3. 二重整形のデメリットは?
埋没法は糸で止めているだけなので一重まぶたに戻る可能性があります。
切開法は切開するので元に戻すのが難しく、埋没法よりも痛みや腫れ、内出血が出てくるのでダウンタイムが長くなります。また、費用も埋没法より高価になります。
共通して言えることは、必ずしもイメージ通りになるとは限りません。また、いつかは形が崩れてくる可能性があります。
また、失敗すると以前よりさらにコンプレックスを抱えるようになってしまいます。
4. 二重整形について思う事を自由に書いてください
昔に比べ、今の時代は気軽にプチ整形ができるようになりました。
コンプレックスを抱えながら生活する苦しさは本人しかわかりません。
整形をすることで自分に自信が持てて内面から輝けるなら、整形は悪いこととは思いません。
しかしながら、少数かもしれませんが、一つのパーツを変えることで他のパーツも気になり、整形を繰り返すようなこともあります。
また、整形したことを罪悪感に感じ、後悔するけど元には戻せないことで悩む人も中にはいると思います。
プチ整形という言葉にひかれ、また、身近になったことでよく考えずに整形するのはあとあと自分自身を傷つけることになるかもしれないので、よく考えてから決めてほしいと思います。

このような整形が怖い方は自宅で二重になるアイテムがありますよ!

口コミを参考にどうぞ!ナイトアイボーテの口コミ

 

 二重整形はどのようにして行われるのか?

麻酔の方法などは様々かと思うので、あくまで一例です。
コンタクトは外し、点滴の麻酔をした上で笑気麻酔をし、眼球に注射で麻酔をかけます。
麻酔が効いたところで脱脂綿のようなものを瞼と眼球の間に挟み、針と特殊な糸を使い、2点留めや3点留めをしていきます。
最後に左右を引っ張って調整すると、糸を結んで切り、終わったあとは麻酔が効いた状態のまま鏡を持たされて確認させられます。
腫れているのであまり分かりませんが、ここで異論がなければ消毒をして終了です。
おそらく10分前後で簡単に終わります。

二重整形のメリットは?

ノリやテープなどで繰り返し二重をつくる手間を省ける。
時間短縮や肌荒れ、瞼が伸びるのを防いだり、一重に悩んでいる人からしたら、夢のような状態です。
化粧も二重線を気にすることなくでき、化粧直しもアイシャドウをしっかり付けられます。
また、言わなければほとんどバレません。
むしろ言っても、全然分からないとびっくりされるほど目立たなくなります。
手術自体も10分程度で終わりますし、一週間もすれば、縫い傷も目立たなくなり、日常生活を送れます。
さらに1ヶ月後には幅も安定し、その幅が半永久的に続くので、メリットは多いです。

二重整形のデメリットは?

やはり手術なので、痛みが伴います。
術中の感覚は独特なもので、術後も数日はヒリヒリするような傷の痛みが続きます。
また、もし麻酔の際に眼球を動かしてしまうと、失明などの危険性もあるようです。
なので、何があっても眼球を動かさない気合いも必要です。
そんな思いをしても、数年で取れてしまう可能性があります。
だんだん調子が悪くなるのではなく、朝起きると元の一重に戻っています。
それはコンプレックスのあった人には恐怖に変わってしまうと思います。

二重整形について思う事

髪の毛にエクステをつけるように、まつげにもまつげエクステをつけるように、瞼に二重の癖をつけるのも、なんら変なことではないように思います。
どれも日常生活をしていても、そのままの状態ですし、コンプレックスをなくすことにより、自分に自信がつき、人生が楽しくなるかもしれません。
二重のりやテープを買うお金も、瞼の状態によって上手く二重が作れないなどのタイムロスやストレスからも解消されることを考えたら、圧倒的にしたほうがいいと思います。